交通系ICカード使える?

つくばエリアも1枚のカードで

IC

つくばエリアの路線バスでもSuica・PASMOなどの交通系ICカードが使えます。例えば東京都内からつくば駅を経てつくば市内各地へPASMO1枚で行けます。

他のサイトでは「使えない」といった記述も見られますが、それは古い情報です。2018年3月16日以降はつくばエリアの路線バス全線で使えるようになっています。

※つくばエリアの路線バス=ここではつくば市内発着の各社一般路線バス(筑波大学深夜便を除く)並びに「つくバス」を指します

(2018年9月22日更新)

どのカードが使える?

つくばエリアの路線バスでは交通系ICカード全国相互利用10種類《Kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・PiTaPa・ICOCA・はやかけん・nimoca・SUGOCA》が利用可能です。

交通系ICカード10種類

交通系ICカード全国相互利用
交通系ICカード全国相互利用のシンボルマーク(車両にも掲示されています)

オートチャージには対応していません。IC定期券も未導入となっています。また、PiTaPaで乗る場合ポストペイ乗車はできないのでチャージしてください。

バス会社等によりどこか一つのカードエリアに属します。サービスに若干の違いがあるので一応知っておくと良いでしょう。

関東鉄道 PASMOエリア
関鉄パープルバス PASMOエリア
関鉄グリーンバス PASMOエリア
つくバス PASMOエリア
JRバス関東 Suicaエリア(首都圏)

どこでチャージできる?

「駅やコンビニが一番便利」というのは簡単ですが、バスでしかも郊外の多いつくば市の場合はどうでしょう?5つの現金チャージ方法を見てみます。

駅の券売機・チャージ機

券売機まず、駅。市内には4駅(つくば・研究学園・万博記念公園・みどりの)あります。

バスに乗るためでも鉄道の駅を利用してチャージしましょう。

窓口

次にバス会社の窓口。チャージ可能なのは市内で1ヶ所。つくばセンターバス停の窓口ではチャージが可能です。

コンビニ等

コンビニそして、コンビニエンスストアのレジ。市内にはセブン-イレブン(54店)、ファミリーマート(32店)、ローソン(19店)、ミニストップ(11店)、セイコーマート(1店)があります。

ただし、筑波山はコンビニが0です。工業団地もないところが多いです。

なお、コンビニ・商店では電子マネー扱いのためPiTaPaはチャージできません。

ATM

セブン銀行ATMATMも加わりました。セブン-イレブン店内(市内54店)などにあるセブン銀行ATMでもチャージができる他、残額確認ができます。※2018年10月15日から開始

カードはキャッシュカード挿入口ではなく、画面右側にある読取部にセットして使います。なお、電子マネー扱いのためPiTaPaはチャージできません。

Photo by Corpse Reviver ※画像の一部を修正しています

バス車内

必殺!最後の手段。バス車内運賃箱でもチャージできます。

停車中に運転士に申し出る必要があり、1回1,000円のみ、SF残額が10,001円以上ある場合はチャージ不可といった制限があります。また、混雑時は断られることもあります。

手順は
運転士に申し出る

カードを読取部に置く

千円札を紙幣口に挿入

関連情報

PASMO・Suicaだけのお得なサービス

交通系ICカードでの乗り方

よくある質問