バスの乗り方

  • 一般路線バス(関東鉄道・関鉄パープルバス・関鉄グリーンバス・JRバス関東)
  • つくバス

※筑波大学深夜便、茎崎地区実証実験バス、筑波地区支線型バスの乗り方は割愛します。

ICカード現金

【準備編】使えるICカード

交通系ICカード10種類Kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・PiTaPa・ICOCA・はやかけん・nimoca・SUGOCA
もっと詳しく

【1】停留所ののりばで待つ

バス停標識バス停留所にはのりば毎に標識が立っています。乗りたい「行先」(又は方向)ののりばを見つけて掲出時刻表を確認し、のりば標識の前で待ちます。

写真は関東鉄道(一般路線バス)の標準形のバス停標識です。

【2】バスの行先表示を確認する

行先表示バスが近づいてきたら「行先表示」を確認し、乗りたい「行先」(又は方向)なのか判別します。基本的に行先(つくバスは系統名と行先)で判別し、系統番号や経由地表示は複数の経路がある場合などに確認します。

この写真の場合「C8」が系統番号、「高エネルギー」が経由地略記、「つくばテクノパーク大穂」が行先になります。

【3】後ろのドアから乗る

後ろのドアからバスは待ち客がいると停車します。バスは前後2ヶ所にドアがあり、後ろのドアから乗車します。

乗りたい「行先」(又は方向)かわからない時は、遠慮なく運転士に尋ねましょう。後ろのドア横にあるボタンを押せば運転士と通話できます。

【4】ICカードを乗車タッチする

ICカード読取機ドアのそばにある読取機にICカードをタッチします。整理券は不要です。

これにより乗車停留所が記録されます。

【5】空いている席に座る

中型車速やかに空いている座席に座りましょう。満席の時は、手すりや吊革につかまります。

この写真はつくばエリアで最も多い中型路線バス車両の内部です。座席定員は25人前後になります。

【6】降車ボタンを押す

降車ボタン 次は、気象研究所、気象研究所でございます。

降りたい停留所のアナウンスが流れたら、近くの「降車ボタン」を押して運転士に降車することを伝えます。押すと音が鳴り、ランプが点灯します。「次、停まります」というアナウンスも流れます。

なお、終着停留所では押さなくても降りられます。

降車ボタンが押されず、かつ乗車する客もいない場合は停留所に停まらず通過します。

【7】ICカードを降車タッチする

読取部バスが停留所に停まったら前の方へ行き、運転席横にある「運賃箱の読取部」にICカードをタッチします。

小児(こども)運賃・各種割引運賃の場合は、タッチする前に運転士に申し出ます。

これで運賃分が引き去られます。

【8】前のドアから降りる

前のドアから降ります。
お疲れ様でした。

【準備編】小銭を用意する

小銭10円・50円・100円・500円硬貨、なくてもせめて千円紙幣を用意しておきましょう。車内で高額紙幣は使用できません。

【1】停留所ののりばで待つ

バス停標識バス停留所にはのりば毎に標識が立っています。乗りたい「行先」(又は方向)ののりばを見つけて掲出時刻表を確認し、のりば標識の前で待ちます。

写真は関東鉄道(一般路線バス)の標準形のバス停標識です。

【2】バスの行先表示を確認する

行先表示バスが近づいてきたら「行先表示」を確認し、乗りたい「行先」(又は方向)なのか判別します。基本的に行先(つくバスは系統名と行先)で判別し、系統番号や経由地表示は複数の経路がある場合などに確認します。

この写真の場合「C8」が系統番号、「高エネルギー」が経由地略記、「つくばテクノパーク大穂」が行先になります。

【3】後ろのドアから乗る

後ろのドアからバスは待ち客がいると停車します。バスは前後2ヶ所にドアがあり、後ろのドアから乗車します。

乗りたい「行先」(又は方向)かわからない時は、遠慮なく運転士に尋ねましょう。後ろのドア横にあるボタンを押せば運転士と通話できます。

【4】整理券を取る

整理券発行器ドアのそばにある発行器から飛び出ている「整理券」を一人一枚取り、なくさないよう持っておきます。

整理券は乗車停留所の証明として運賃支払いの時に使用します。

【5】空いている席に座る

中型車速やかに空いている座席に座りましょう。満席の時は、手すりや吊革につかまります。

この写真はつくばエリアで最も多い中型路線バス車両の内部です。座席定員は25人前後になります。

【6】降車ボタンを押す

降車ボタン 次は、気象研究所、気象研究所でございます。

降りたい停留所のアナウンスが流れたら、近くの「降車ボタン」を押して運転士に降車することを伝えます。押すと音が鳴り、ランプが点灯します。「次、停まります」というアナウンスも流れます。

なお、終着停留所では押さなくても降りられます。

降車ボタンが押されず、かつ乗車する客もいない場合は停留所に停まらず通過します。

【7】運賃を払う

運賃箱バスが停留所に停まったら前の方へ行き、運賃を支払います。運転席横にある「運賃箱」に整理券と現金を自ら投入します。運賃額は乗車区間によって異なります。

※小児(こども)運賃や各種割引運賃を使う場合は、支払う前に運転士に申し出ます。

運賃箱の使い方

関東鉄道 釣り銭方式(自動で釣り銭)
関鉄パープルバス
関鉄グリーンバス
つくバス
JRバス関東 両替方式(先に両替)
釣り銭方式の場合
  1. 整理券を投入する
  2. 画面に運賃額が表示される
  3. 現金を投入する(千円紙幣は運転士に申し出た上で紙幣口に挿入)
  4. 取出口に出た釣り銭を受け取る

※回数券を混ぜる場合は釣り銭が出ません(両替してから丁度の額を投入します)

両替方式の場合

運賃表示

  1. 運賃表示器で運賃額を確認する(整理券番号と同じ欄の金額。ただし、小児半額、1円単位は10円単位に切り上げ。)
  2. 両替機能を使って自分で両替する
  3. 整理券と丁度の額の現金を投入する

※紙幣両替は千円紙幣のみ可能
※両替は支払い時でなくても可能(停車中のみ)

写真は運賃表示器の例。この場合、整理券番号「3」は「220円」となります。

【8】前のドアから降りる

前のドアから降ります。
お疲れ様でした。

※写真は全てイメージです。実際とは若干異なる場合があります。

FAQ

FAQをもっと見る

交通系ICカード使える?

つくばエリアも一枚のカードで。使えるカードとチャージ方法 ≫

お得に乗る

お得なきっぷ・割引などを一挙公開。役立つバス格安利用術 ≫