運転免許センター線「つくば・土浦ルート」、2・3月に運転

休止が相次ぐ関鉄グループの運転免許センター直行バスは路線を再編し、「つくば・土浦ルート」に一本化して2・3月に運転することになりました。

運行概要

関鉄観光バス(株)が2019年12月に発表した内容によると「つくば・土浦ルート」は、つくばセンター – 運転免許センター間で1往復運行され、吾妻、花室交差点(以上つくば市)、田中町(高架道)、桜町四丁目(高架道)、川口町(高架道)、土浦駅東口、土浦市民会館前、県南自動車学校(以上土浦市)に停車します。免許センター行きは乗車のみ、つくばセンター行きは降車のみとなります。

所要時間は1時間40分。運行時刻はつくばセンター発7時、運転免許センター発16時40分。免許センター発は試験終了時刻に合わせて変更になる場合があるとしています。
運行期間は2・3月の平日で免許センター休場日は運休します。

運賃はつくば市内・免許センター間が1,500円、土浦市内・免許センター間1,300円。交通系ICカードの利用可否は明記されていません。

他のルートは休廃止

この再編に伴い、現在休止中の「岩井・水海道・つくばルート」、「古河・下妻・下館ルート」は正式に廃止、竜ヶ崎・牛久方面のルートは休止します。