静岡ブラックアウト 真っ暗なコンビニ

やっていないセブン-イレブン
【静岡県掛川市】10月1日午後9時過ぎ。セブン-イレブンが真っ暗だ。

消灯セブン-イレブン
何があっても閉まらないはずのセブン-イレブン。灯りが点いていないのだ。こんなのはなかなか見られない。

ものすごい速度の風だった台風24号がやっと日本から去ってくれたのだが、いらないのに「長時間停電」という置き土産をしていった。
報道によると静岡県では一時70万戸、1日午後になっても45万戸が停電しているらしい。
中部電力も全容を把握できていないようで9月30日夜以降詳しい情報が発表されていない。

運営者のいる建物は停電も断水もなく(ただし、停電でポンプが使えないので節水に協力をと当局は言っている)、ごく近隣も同様だと思われるのだが、掛川市では実際に信号機が点かない、営業ができない店が出た。ということは夜になると大変だ。一部とはいえ地区ごと暗闇になるところがあるのではないか。そう思ってあえて夜歩いてみることにした。

鳥居町・さわやか付近
西掛川駅近くのロードサイド各店は営業できていない。午後8時50分頃、「さわやか」付近はまるで深夜のように暗かった。街頭、信号機と車の灯りだけで軒並み店の灯りがない。

なぜかファミリーマート、コインランドリーと自動販売機はやっていた。

電線が切れて垂れ下がっているところがあると聴いていたので慎重に歩いていたのだが、この細い道ではビヨーンと低いところまで垂れ下がっている。どこかが切れていたら本当に危ない。
鳥居町・垂れた電線

この細い道の後ろ側は築堤上に天竜浜名湖鉄道線の線路があるのだが、既に1日と2日の終日運休が決まっていて、全く音がしない。列車も来ないので真っ暗だ。天浜線は細いながらも地域の血管みたいなものだ。あまり長く止まると困る人が出てくる。

さて、状況を見てきたが、この界隈に限ってはいつもより暗いものの完全なる停電地帯ではなかった。2日は西掛川駅近くのスーパーも営業するという。

しかしだ。1日やっていたスーパーもコンビニも含めて品不足。停電は静岡県内の広範囲にわたり、電力会社も完全復旧まで数日かかると言っている。製造・流通面にも影響が出ているのは間違いない。

運営者は進路予想を見て早々と食料調達しているので1-2日程度は大丈夫だが、地域全体の電力復旧まで時間かかれば遠からず“ミニ食糧難”になるだろうなと。

そして、何よりも今、停電や断水しているお宅がとても大変だ。静岡県だけではない。つくば市でも今はわからないがいくつかの地区で停電があった。

だから台風明けではあるけど、見えないサバイバルになってしまっている人が結構いるのだと知っておいてほしい。おいNHK、トップニュースは「ノーベル賞」じゃねえだろと。

以上、長い業務連絡でした。

(10月2日0時現在の情報です)