JR東日本の新案内標識 初めてだからやさしくしてね?

最近、JR東日本東京圏の案内標識が一部新しくなっている。

「新宿方面」といった方面表記がよく目立つ。しかも同じ方面の「路線」は方面の下にグループ化されているではないか。

つまりこれは「山手線」「京浜東北線」「総武線」といった路線別だったインデックスが、「東京方面」「上野方面」「新宿方面」「千葉方面」といった方面別に再編されたといって良い。

これは一大事。案内表示の大転換だ。

だいたいどこへ向かうかが一目で分かる

秋葉原駅から上野へ移動したいとする。「京浜東北線」とか「山手線」という路線名を見て上野も通ると思うのは予備知識の賜物。初めての旅客にとっては「上野方面」という情報の方がはるかにわかりやすい。

旅客は路線が目的ではなくある場所へ移動したい。「ドリルを買いに来た人が欲しいのはドリルではなく穴である」と同じ。

今までも東京駅ではのりば誘導系(階段入口)の案内標識は比較的方面表記が大きめであったものの路線名がインデックスとして強調されているから総合案内の類では路線から探すという初心者にはハードルが高いものだったし、他の場所や他駅には路線名しかない標識や酷いものでは番号とラインカラーしかないものすらあった。これで理解しろという方がおかしい。

他地域の例を見てみると名鉄や近鉄は基本的に方面表記なのでわかりやすい。

名鉄名古屋駅は複雑だといわれるが、例えば岐阜へ行きたければ「一宮・岐阜」の乗車位置で待てば良いだけなので予備知識が要らない。「湘南新宿ライン」みたいな変な愛称路線名を覚える必要もない。運転系統の全容を把握しようとしなければ実に単純でわかりやすいのだ。

方面グループ化も実用的。秋葉原から上野へ行くのに「山手線」か「京浜東北線」かはあまり関係ない。「結局同じ方向じゃね?」というツッコミを自ら入れた形だ。もちろん幅広い案内に対応させるには精査が必要だが、同じホームなら列車種別や最終的な行先については発車標で対応できる。

逆方向に乗ってしまうことを防ぐ

そしてもう一つ。方向の取り違えを防ぐ効果もある。路線は合っているのだが誤って反対方向に乗ってしまった話はたまに聞く。路線名に意識が行き過ぎると起終点駅でもない限り50%の確率で方向を間違う。

方向毎にのりばが分かれている場合、方面表記は特に重要だ。秋葉原駅では今まで「総武線」が一番大きく目立っていたから新宿方面・千葉方面毎にホームが違うという大事な情報が伝わりにくかっただけに何を伝えるべきかわかっているデザインに改善されたことになる。

そういえば思い出すところ新松戸駅のケースがある。方向毎に異なる武蔵野線のりかえ階段の案内標識は1990年代までは方面のみの案内でなおかつ方面別に違う色まで選定してわかりやすくしていたのだが、後に新しくなったサインマニュアルに準拠しすぎて(?)「武蔵野線」「オレンジ」一辺倒に陥り区別しにくくなってしまい、乗り間違えが多かったのか駅員手作りの案内の紙が垂れ下がることになった悲惨な経験を持つ。

牛久駅も酷かった。今は知らないが、方向毎にホームが異なるのにどちらも「常磐線」。のりかえ駅ならまだしも一路線しかない。申し訳ないが頭が悪いとしか思えなかった。

やるときはやるJR東日本

駅の案内標識だけでなく、JR東日本の鉄道会社目線といえる過度な路線名主義の旅客案内手法には言いたいことだらけだ。関東に住まなくなってから余計気になるようになった。

JR東日本線そのものをわかりやすくするためには1910年代の「電車線」誕生当時から続いている「路線」(実際は運転系統)の概念を案内上ぶち壊す必要があると思っている。これらは全部書くと論文になるのでやめておく。

とはいえJR東日本はいわゆる山手線列車で長年の慣行をぶち破って「東京・品川方面行き」といったようなどちらへ行くのか判別容易な行先案内に変えた経験があるだけに「やるときはやる」といった感じか。

今後も旅客本位の案内に努力してもらいたい。

追記:従来の標識は実際にはのりば番号が一番大きい。だが、番号は線路を表すだけなので案内情報のインデックスとしては路線名だろうということ。

追記:HiBiつくばはこれをもちまして終了させていただきます

                                                               

ブスカレンダー(ブサイクに試験運用中)

12月
10
全日 19日まで筑波山ケーブルカー運休
19日まで筑波山ケーブルカー運休
12月 10 – 12月 19 全日
19日まで筑波山ケーブルカー運休
筑波山ケーブルカーは定期検査及び設備更新工事のため運休
1月
1
全日 3日まで特別ダイヤで運行 関東鉄道...
3日まで特別ダイヤで運行 関東鉄道...
1月 1 – 1月 3 全日
3日まで特別ダイヤで運行 関東鉄道他一般路線バス
関東鉄道・関鉄パープルバス・関鉄グリーンバス一般路線バスは特別ダイヤ(毎年異なる)で運行されます
1月
28
全日 2月1日まで筑波山ロープウェイ運休
2月1日まで筑波山ロープウェイ運休
1月 28 – 2月 1 全日
2月1日まで筑波山ロープウェイ運休
筑波山ロープウェイは2019年1月28日-2月1日定期検査のため運休

筑波山ケーブルカー運休:2018年12月10日-19日(定期検査及び設備更新工事のため)

筑波山ロープウェイ運休:2019年1月28日-2月1日(定期検査のため)