700円で乗り放題 関鉄グループバスIC一日乗車券が4月28日に登場

【2018年7月19日追加】「稲敷エリア広域バス車内でも2018年7月28日発売開始」という関鉄からの発表がありました(こちら)。発売するからには稲敷エリア広域バスで利用開始と思われます。(下記本文は修正しません)

関鉄 バスIC一日券 勝手に広告

トップ画像はつくばバス路線ガイドオリジナル“勝手に広告”です

関鉄グループ一般路線バスが700円で一日中乗り放題となる「関東鉄道 バスIC一日乗車券」が2018年4月28日登場します。

  • 元が取りやすいから色々なシーンで使える
  • 県内縦断バスの旅が大幅に安く
  • ピンポイント利用も結局お得に

いつどこで使える?

関東鉄道が17日に発表した内容によると「関東鉄道 バスIC一日乗車券」は、関鉄グループ4社(関東鉄道・関鉄グリーンバス・関鉄パープルバス・関鉄観光バス)の一般路線バスに土休日などの一日間乗り降り自由となるものでPASMOまたはSuicaのカード内に記録する形で発売されるものです。

  • 発売開始日:2018年4月28日
  • 利用可能日:土休日、8月13日-16日、12月29日-1月3日
  • 有効期限:発売当日限り
  • 価格:大人700円 小児350円
  • 利用可能路線:関東鉄道・関鉄グリーンバス・関鉄パープルバス・関鉄観光バスの下記を除く全線
  • 除外路線:筑波山シャトルバス、荒川沖駅東口-あみプレミアムアウトレット線、県庁シャトルバス、高速バス、コミュニティバス・広域連携バス等、共同運行・共通乗車区間における他社担当便
  • 発売方法:当日車内でPASMO・Suicaに対してのみ発売(降車時に運転士に申し出る)。小児用は記名式の小児用PASMO・こども用Suicaに対し発売する。

つくば・水戸・鹿島神宮など広範囲

つくばだけでなく、水戸・石岡・柿岡・土浦・牛久・龍ケ崎・取手・守谷・鉾田・鹿島神宮・神栖など関鉄グループのバス路線網は茨城県の半分弱と千葉県の一部に広がっており広範囲で利用可能です。

こんなメリットが

元が取りやすいから色々なシーンで使える

価格700円ですから片道350円以上の区間だと単純に1往復で元が取れます。買い物・駅まで・イベント参加など色々なシーンで役に立ちそうです。

  • つくばセンター・イオンモールつくば:350円(往復で元が取れる)
  • 荒川沖駅・つくばセンター:450円(往復で200円お得
  • 土浦駅・筑波大学中央:630円(往復で560円お得

片道700円を超える区間の往復なら「帰りがタダ」ということになります。

  • 下妻駅・つくばセンター:740円
  • 北条・土浦駅:790円

乗り継ぎなら「大幅割引」状態になります。

  • みどりの駅・(牛久駅経由)・あみプレミアムアウトレット:1,170円 → 700円ぽっきり470円お得

県内縦断バスの旅が大幅に安く

一般路線バスだけを乗り継いで長距離旅行。要するに「蛭子さん」とか「徳光さん」の番組みたいな旅。関鉄グループでつながっているルートで結構遠くまで移動でき、相当安くなります。

  • みどりの駅・(土浦駅・石岡駅・茨城空港経由)・水戸駅:3,200円 → 700円ぽっきり2,500円お得

ピンポイント利用も結局お得に

例えば同じ日につくば・水戸の両方で関鉄グループのバスに乗るといったケース。両都市でそれぞれ190円の区間を2回乗ればもうお得。途中鉄道を使えば別途運賃がかかりますが、バスに関してはお得に使えるわけです。

注意点

筑波山には向かない(ただし例外あり)

筑波山シャトルバスでは使えませんし、「筑波山きっぷ」などがあるからです。

ただし、土浦駅-筑波山口間は使えるので麓から登るならあり。

(※「東京方面から一番安く」の記述は削除して訂正します)

PASMO・Suicaだけ

「バスIC一日乗車券」を搭載できるのはPASMOとSuicaだけです。ICOCAとかmanacaなどではダメです。紙のきっぷもありません。「バスIC一日乗車券」は、現金で買えないのでSF残額は発売額以上にしておかねばなりません。また、車内でPASMOは売っていないので事前に用意する必要があります。

掛け持ちはできない

一つのPASMOないしSuicaに搭載できる「バスIC一日乗車券」は一つだけなので例えば都営バスのIC一日乗車券を購入した同じ日に関鉄グループのIC一日乗車券を購入すると上書きされ都営バスの方は消去されます。「東京滞在中に日帰りでつくば」の方はよく覚えておきましょう。

運営者コメント

かなり思い切ったサービスだなと思いますが、PASMO・Suicaのみという点に事業者側のメリットを嫌でも感じ取れてしまいます。もちろんPASMO事業者共通のことではありますが。我々乗る人は1,000円チャージの残り300円はさっさと消費してしまいたい。

関鉄グループのバスはICカード導入後割と矢継ぎ早にサービス展開している印象です。関鉄としては早急にICカードを普及させたいのでしょう。回数券の終わりが近いかも知れません。

公式情報リンク

                                                               

ブスカレンダー(ブサイクに試験運用中)

12月
10
全日 19日まで筑波山ケーブルカー運休
19日まで筑波山ケーブルカー運休
12月 10 – 12月 19 全日
19日まで筑波山ケーブルカー運休
筑波山ケーブルカーは定期検査及び設備更新工事のため運休
1月
1
全日 3日まで特別ダイヤで運行 関東鉄道...
3日まで特別ダイヤで運行 関東鉄道...
1月 1 – 1月 3 全日
3日まで特別ダイヤで運行 関東鉄道他一般路線バス
関東鉄道・関鉄パープルバス・関鉄グリーンバス一般路線バスは特別ダイヤ(毎年異なる)で運行されます
1月
28
全日 2月1日まで筑波山ロープウェイ運休
2月1日まで筑波山ロープウェイ運休
1月 28 – 2月 1 全日
2月1日まで筑波山ロープウェイ運休
筑波山ロープウェイは2019年1月28日-2月1日定期検査のため運休

筑波山ケーブルカー運休:2018年12月10日-19日(定期検査及び設備更新工事のため)

筑波山ロープウェイ運休:2019年1月28日-2月1日(定期検査のため)