関鉄パープルバスもお釣り?新運賃箱への取り換えを発表

関鉄グリーンバス・関鉄パープルバス
小さな告知に注目。
関鉄グリーンバスと関鉄パープルバスはこのほど公式Webサイトで運賃箱・整理券発行機の更新を進めると発表しました。

それによると「紙幣でのお支払いや両替の方法が車両により異なります」としており、運賃箱等の取り換え期間中に新旧運賃箱の車両が混在することを意味していると思われます。

また、この運賃箱等の更新はPASMO・Suicaなどの交通系ICカード導入に向けたものであるとしており、今後の発表が待たれます。

なお、親会社関東鉄道では2016年6月から8月にかけての新運賃箱取り換えで整理券バーコードによる運賃自動計算と釣り銭機能が導入されており、その後9月26日にPASMO等が利用開始されています。

〈車内精算〉お釣りが出るようになる ※ただし新運賃箱、現金に限る(2016年6月16日投稿)
https://busnoru.info/2016/06/16/25004/