筑波山シャトルバス

筑波山シャトル

つくば駅から筑波山へ急行し車道最高地点まで登る観光路線。麓と中腹の移動にも。

路線概要

n-01_line-p_s

系統

系統図
《関東鉄道》《関鉄グリーンバス》《関鉄パープルバス》

  • 〔筑波山シャトル〕つくばセンター-筑波山

時刻・運賃について

この系統は【関東鉄道】【関鉄グリーンバス】【関鉄パープルバス】の共同運行です。時刻・運賃については関東鉄道公式サイトの時刻・運賃検索をご利用ください。

停留所一覧

つくばセンター(TXつくば駅)(1番)〈標高23m〉
 |
沼田〈標高30m〉
 |
筑波山神社入口〈標高214m〉
 |
つつじヶ丘〈標高530m〉

のる人目線ガイド

筑波山神社入口で降りる人が多いが、その先つつじヶ丘までの車窓がハイライト。急カーブを繰り返して登って行く様子は山岳路線そのもの。

  • つくば駅と山麓の間はつくバス北部シャトルの方が格段に安い。
  • 紅葉の季節の土休日は渋滞の影響で大幅遅延する可能性がある。

運行・乗車

  • 下山便は例外的に「前乗り・後降り」で運賃は乗る時に支払う。(日中のみ確認)
  • 11月-1月の土休日等、夕夜に臨時便が運行される場合がある。
  • 梅まつり期間中は臨時バス停「梅林入口」(下山方向のみで乗車専用)が開設される。

お得なきっぷ

筑波山きっぷ」 – つくばエクスプレス+バス+ケーブルカー・ロープウェイ。歩き登山の場合は割安にはならない。2日間有効。詳しくはつくばエクスプレス公式サイトをご覧ください。

路線風景

筑波山シャトル
筑波山シャトル
筑波山シャトル
筑波山シャトル

(撮影:2013年・2011年)



AD