筑波山シャトルバス

つくば駅から筑波山中腹まで一気にアクセス

n-01_line-p_s
Googleマップで見る

系統

系統図
《関東鉄道》《関鉄グリーンバス》《関鉄パープルバス》

  • 〔筑波山シャトル〕つくばセンター-筑波山

所要時間・運賃

  • つくばセンター・つつじヶ丘:50分 870円
全国交通系ICカード ※交通系ICカードは関東鉄道便のみ

停留所一覧 ▼

沿線施設

  • 筑波山ケーブルカー:筑波山神社入口
  • 筑波山神社拝殿:筑波山神社入口
  • 御幸ヶ原コース(登山道):筑波山神社入口
  • 白雲橋コース(登山道):筑波山神社入口
  • 筑波山梅林:筑波山神社入口
  • 筑波山温泉郷:筑波山神社入口
  • 筑波山ロープウェイ:つつじヶ丘
  • おたつ石コース(登山道):つつじヶ丘

ガイド

筑波山
筑波山
筑波山
筑波山

2013年・2011年撮影

筑波山の登山口まで到達する唯一の路線。つくば駅から筑波山までは平野を走り抜け、麓からは“山道”に入り、急カーブを繰り返しながら標高530m地点まで登る。

中腹で最初に停まる筑波山神社入口は、巨大な赤鳥居が構え、筑波山神社の拝殿に通じる道沿いに旅館や食堂・土産物店が立ち並ぶ門前町。バス停には観光案内所もあり、筑波山観光・登山の一大拠点だ。ケーブルカーのりばは石段を登りきったところにあり、普通に歩いて15分から20分かかる。

筑波山神社入口で降りる人が多いが、その先の終点までが本路線最大の見どころ。急カーブを繰り返す迫力と絶景の車窓が味わえる。登りきった先はつつじヶ丘という車道最高地点。山頂方向に視界がひらけ、澄んだ空気が心地よい。ロープウェイのりばもある登山口だ。

通常は一般路線バス車両が使用され、所要時間40-50分のやや長旅となる。紅葉の季節など多客期は混雑し、立席となることがある。加えてその土休日は渋滞の影響で大幅遅延する可能性がある。車両にトイレは付いていないが、各バス停・付近に1ヶ所以上公衆トイレがある。

なお、駅から山麓まではつくバス北部シャトルの方が格段に安い。

  • 下山便には「前乗り・後降り」(運賃先払い)の便がある。(日中のみ調査)
  • 11月-1月の土休日等、夕夜に臨時便が運行される場合がある。
  • 梅まつり期間中は臨時バス停「梅林入口」(下山方向のみで乗車専用)が開設される。

お得なきっぷ

お役立ちリンク

                               

キーワードから探す

✓ 2017年9月16日ダイヤ改定現在