野党共闘は茨城が進んでいる?

去る都議選ではいろいろなトピックがメディアで報じられましたが、一番驚いたのは「元公明党副委員長」で「元運輸大臣」の二見伸明さんが「初めて」「共産党の」「選挙カーに上がって」というもの。おいおい。茨城ではとっくに共闘していて駅前で応援演説したり、演説会で訴えたりしているんですよ。


共産党の選挙カーに上がる二見伸明・元運輸相 2016年7月3日取手駅東口 ©Y


二見伸明・元運輸相(左)と共産党の候補 2016年6月25日牛久駅西口 ©Y

日本メディアは東京中心目線というより東京が日本の全てなのかと。愛知にいると東京中心目線が目に付くだけでなく、同時に「茨城は日本にないのか」と感じてしまいます。

二見さんはスタンス的には小沢一郎さんの自由党なんですが、安倍ファシズムを食い止めるべく精力的に野党共闘、市民共闘しているわけです。今回の茨城県知事選挙でも無所属・鶴田氏を推す「いのち輝くいばらきの会」呼びかけ人に加わって活動されておられます。

※この記事は部分再録です